【逆転の思考】解約返戻金から考える加入パターン。

musi

“生命保険の加入に際しては、とにもかくにも受取人がいるかどうかの話からはじまります。
受取人がいなければ、入る意味はありません。

自分が死んだ後に、お金を残したい人がいるから加入するというのが基本ですから。
特に掛け捨ての場合はそうなります。

しかしまた、貯蓄型の生命保険の場合は、年金として考えられる方も少なくはありません。
したがって、掛け捨ての場合は保障が高額となりますが、貯蓄型の場合は保障が少なくなります。

これらの条件を自分の頭でしっかり理解してから、生命保険の見直しについて考える必要があるのです。
さて、では、見直すといってもどのような部分で見直せばいいのでしょうか。
ひとつには、その時の自身の経済状況で考えるべきです。

保険料が厳しいなら、貯蓄型に変更して老後に備えるとかもあります。
また、保険料が厳しくないのなら、そのまま掛け捨てでイザというときの保険としておくのも悪くはないでしょう。

しかしながら、解約というモノサシで考えたとき、解約返戻金があります。
貯蓄型の場合は、解約返戻金も高額となります。
しかし、掛け捨ての場合は解約返戻金は小額となります。
その時の自身の経済状況はこの解約返戻金の額も視野に入れて考える必要があります。
どのタイミングで解約しなければならない事態が起こりえるとは、分からないのですから。”,

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る